企業や法人の顔を年賀状で表現したデザインを揃え、デザイナーが名入れします

法人年賀状の添え書き例文

「年賀状維新ドットコム」TOP > 添え書き文例集

ビジネス年賀状の手書き文字

年賀状に手書き文字があると良い、とはよく言われますが、顔見知りに小枚数ならいざ知らず、枚数の多い企業年賀状やビジネス用年賀状だと、現実的に無理が生じます。 そもそも手書き文字があって喜ばれるには、前提条件が必要でしょう。受け取った側に喜んでもらえないのに、無条件で全てをせっせと手で書くのは、よほど暇か、書くことが好きでもない限り実に愚かしいことです。 会社の年賀状を出すのが目的であって、手で書くのが目的ではありません。手書き文字に見えるようにする、というのも一つの手です。あるいは手で書いて出す相手を選ぶべきかもしれません。

しかし、相手を選んだとしても簡単ではありません。相手の顔が浮かんで、共通の言葉があるならば簡単です。お互いに通じる言葉を使えば良いからでです。 しかし、顔は知ってて、名刺は交換したが、それほど親しいわけではない。相手のことも深くは知らないとなったら、手書き文字を添えるといっても簡単ではありません。

また、ビジネス用年賀状と一口に言っても、色々なシチュエーションが考えられます。企業間の年賀状、得意先の担当者に送る年賀状、お客様に送る年賀状、 上司、部下、同僚等の社内年賀状など、簡単にひとくくりに出来るものではありません。

そこで、相手に合わせたパターン集を作成しました。ただ、添え書きが長いのも問題ありです。 簡便に書けて読みやすい方がビジネス上の効率を考えればベストでしょう。出来るだけ短くという意味で、一行添え書きとしました。アレンジしてご使用ください。

企業間

取引先(会社宛て、仕入先)へ

  • 〇〇社様にはいつも助けられてます
  • いつも丁寧なご対応ありがとうございます
  • 新商品を心待ちにしております

取引先(会社宛て、販売先)

  • いつもご贔屓にして頂き有難うございます
  • いつも支えて下さり有難うございます
  • 平素のお心遣いに心より御礼申し上げます

社外年賀状(得意先担当者)

経営者、幹部宛

  • いつもお世話になっております
  • いつもありがとうごいざいます
  • 今年も頑張ります
  • 今年もご指導ください
  • いつも勇気をいただきありがとうございます
  • いつも元気をありがとうございます

担当者宛

  • 本年も一緒に頑張って行きましょう!
  • また飲みにいきましょう
  • いつもご対応頂き感謝しております
  • いつもありがとうごいざいます
  • いつも助かっています

お客様宛

  • いつもご贔屓頂き有難うございます
  • いつもありがとうごいざいます
  • 今年も頑張ります
  • 今年もよろしくお願いいたします
  • ご来店を心よりお待ち致しております
  • ご愛顧ありがとうございます

社内年賀状

同年代宛

  • 昨年の〇〇は楽しかったです
  • 今年も一緒に○○しましょう
  • 毎回お会いするのが楽しみです
  • また○○に誘ってください
  • お互い健康には気をつけましょう
  • また飲みにいきたいですね

上の世代宛

  • 〇〇ではありがとうございました
  • またお会いできれば嬉しいです
  • 最近お会いする機会がないのが残念です
  • またお会いできる機会があれば嬉しいです
  • お元気でしょうか